A蔵

2017年12月09日

我が家の猫たち③

菩薩と草食系男子(我が家の猫たち①参照)が逝き、
我が家が無法地帯みたいになっていた冬・・・

チョイ悪イケメンなルーキーがやってきた。
1512780512120


ある日家の向かいに現れて鳴き喚き、つられた我が家の犬
吠えまくって迷惑すぎたため保護

どこから見てもシャム混じりの美男子キンタ

賢く、優しく、懐っこくスタイリッシュな猫だったが、

特技:盗み食い(オーブンも開ける)
趣味:盗み食い(美食のみチョイス)


というクソヤローでもあった。

そんなわけで、
イケメンクソヤロー先住ヤクザ(我が家の猫たち②参照)の
仁義なき戦い

・・・勝手にしてくれ。



幼児だった私が高校生になったころ、

夏休み前日の下校時、1匹の子猫が捨てられていた。

夜、なんやかんや両親を丸め込み、いざ現場へGo!

・・・・・・分裂した?

2匹になってた。

結局2匹とも連れ帰り、後日1匹は知人が飼うことに。

残った子が今も健在のイチである。
DSC01225
デレがにじみ出る、理想のツンデレ



母の知人が色々事情があって(知らん)
しばらく預かることになった揚羽ちゃん

元々たらい回し状態だったため、名前も定着しておらず、

揚羽というよりは唐揚げ

という風体の鋭い目つきの太ったオス猫
結局我が家で引き取ることになり、A蔵と改名
IMG_0508

体のわりに手足としっぽと声の細い猫だった。

ちなみに体重はMAXでイチ3匹分。


結局のところ、無法地帯みたいだった我が家は

無法地帯(決定事項)になった

猫同士仲良し?なにそれ?

猫は各々好き勝手するんだ。


我が家の猫たち④(最終回)へ続く・・・






このエントリーをはてなブックマークに追加
fumitagai at 12:32|Permalink