MUJIアクリル冷水筒の罠。興奮の文具

2018年02月23日

発覚からのド修羅。オマエが悪い。


実家の片付け中、防災グッズの整理をしていたら、

Collmanのランタンがでてきた。

DSC00011

災害時に備える両親、意外とちゃんとしてるな。

と思いつつ、なんとなく開けてみた。




DSC00012


なんでや。


非常用照明器具が入ってると思ったら

まさかの燻製チップ棒がビッシリ。

その数22本。


そこで想像してみる。

災害時にランプだと思って開けて、

燻製チップだった時の絶望感・・・


・・・ゾッとした。


犯人の予想はおおかたできている。

9割9分9厘だ。

が、一応確認。



1519008771940

うん、やはり父か。

ちなみに、我が家はバーベキューとかしない。

家の中で燻製を作ると、直ちに
火災報知器がグッジョブする仕組み。

つまり永遠に使う機会がない。

それを大量に持ち帰り、

隠し続けること1年弱。

しかもランタンに擬態という高等テク。




もちろん母がこうなる↓

1518935269395

見つかったら怒られると予想していた父。

なぜ、

絶対に見つかる

ということが予想できなかったのか。

父よ、100%オマエが悪い。




大量のブツは急遽友人に連絡し、引き取ってもらった。







 




このエントリーをはてなブックマークに追加
fumitagai at 12:10│絵日記 | 日常
MUJIアクリル冷水筒の罠。興奮の文具