緊急事態宣言で遠出ができないので
出掛けたい欲求を散歩で発散している。

私は東京生まれ HIP HOP育たない
悪そな奴らはだいたい他人
というgratefulなdaysを過ごせる
ぐるぐるぐるぐるグルコサミン
の聖地みたいなところで育ったわけだが、
そんな地元は東急の聖地(?)でもある。

今は亡き玉川電鉄(東急に合併された)の
玉川線(通称玉電 渋谷~二子)…の支線「砧線」

これが地元人々に愛され、
廃線後もその存在をところどころ残してくれている。

↓この赤い線が砧線

1611498166317
短い。
その距離2.2キロ。
歩ける。
元々、砂利を運ぶ路線だったが、
終点のわかもと製薬に勤める人の足として大活躍。
歩け。

まぁ、歩ける距離なので、
せっかくなので歩いてみた。

20210116_091306
まずは始点の二子玉川駅へ。

この辺りはやたら大きいベビーカーが多く、
油断すると後ろから轢かれる(体験済)

玉電の駅は現在の駅より少し北西で、
現在のドッグウッドプラザのスタバの辺りだ。
Mac民が仕事してる風に足を組んで時間を貪るより
電車が発着しているほうが風情があるのではないか?

ちなみに、
ここで足を組みながらコーヒーを飲み、
MacBookで仕事してる空気をかもし出しつつ
自宅レベルで長時間滞在している
ツーブロックでやたら足首を見せるスタイルの男は
大抵ろくなやつじゃない
…と私は認識している(偏見)

20210116_091404
とにかく、ここから発車した電車が、
それ曲がれますか?というくらいカーブして
砧線は二子の街をガタンゴトンする。

20210116_091555
ドッグウッドプラザの裏、田園都市線の真下を
かつて玉川線と砧線が通っていた。


 へ続く。