KALDIの猫グッズ(罠)ハロウィンがなんだコスプレなんかしない

2019年10月04日

あぁ、なくなってしまうのか...


国民に還元される気配が

1ミリも感じられないが、

消費税が10%に上がった。


それと関係があるのかないのか、

街から姿を消すものがあったので

紹介する。


20190928_205825

地元の二子玉川にずっとあった喫茶店。

カフェ ディングル

2019年9月29日 閉店

オー、マジか...

同じ場所で経営を続けてきた

昔ながらの喫茶店、全滅。

切なさがすごい。

蔦屋のスタバやおしゃれカフェで

イキる人が増えたからだろうか。

だとしたら、正直な気持ち

「くたばれ!」 だが、

別に彼らが悪いわけではない。

悪いのは時代と街のイメージ戦略だ。

20190928_205817

長い間ありがとうございます。

お疲れさまでした。



地元ではないのだが、

今住んでるところの近くにある

伊勢丹が9月30日に閉店した。

20190923_114224

百貨店の閉店はやばい。

どうやばいのかというと、

そこに詰まってるたくさんの人の

思い出というか、イメージというか、

何かそんな感じのものが幕を閉じてしまう。

これはやばい。

とても寂しい気持ちになる。

夜逃げのような閉店劇を披露した

仙台さくらの百貨店とは違う。
(アレはアレですごかった)

事前に閉店を告知し、

昔家族で来ていた人が

新しい家族を連れて

思い出を写真に収めたりしてるのだ。

お店のありがとうと

お客さんのありがとうが重なるような、

そういう独特の空気が

嫌いじゃないがひどく寂しい。



そうやって街が

どんどん変わっていくのだなぁ。







 

このエントリーをはてなブックマークに追加
fumitagai at 08:02│日常 | 飲食
KALDIの猫グッズ(罠)ハロウィンがなんだコスプレなんかしない