あぁ猫よ。

ひっそりと思ったことやお出かけ記録を気が向いた時に書いています。 自分用記録なので後になってから当時の時期の設定で投稿することもあります。

玉電跡を散策してみる~用賀~


これまで玉電砧線跡の紹介をしてきたが、
デハ200形が好きな人のために
玉電本線(二子玉川ー渋谷間)も少し紹介。

二子玉川駅と高島屋の間の道路をひたすら北上。

20210319_102718_R


そのまま坂をのぼると右側に交番が見えてくる。
(写真は進行方向反対側から正面を撮影したもの)

この交番の前の少し開けた部分が瀬田停留所だった。

交番の前の横断歩道を渡り、北上。
環八も渡り、用賀駅方面に歩き続ける。

左側に用賀駅が見えるが無視して直進すると

20210129_094615_R


なんか謎の小さい倉庫がある。
ここが元々は玉電の用賀駅で、
倉庫の脇に用賀駅跡の石柱がひっそりと佇んでいる。

20210129_094623_R


20210129_094844_R


玉電はここをさらに北上して渋谷方面に走っていた。











箱根ぶらぶら


彫刻の森を堪能して
歩いて強羅公園に向かう。 

20220619_132652_R

20220619_133429_R

強羅公園の熱帯植物園で
ブーゲンビリアやパイナップルを眺め
パイナップルのなり方に感動しながら
ただひたすら暑さに耐えた。

そして隣接する箱根美術館で
縄文火焔形土器深鉢やうさぎの埴輪を鑑賞。

20220619_141954_R

 ↑ 縄文火焔形深鉢



20220619_142114_R

 ↑ うさぎの埴輪 ・・・・・うさぎ?

なんか凄く怖い。
あと、もっと小さいのかと思っていた。
普通に子どもくらいのサイズだった。


美術館を後にして
ケーブルカーで早雲山へ。

20220619_143930_R

ホームどっちからでも乗ることができる。

20220619_151748_R

なにも・・・ない!

目当ては駅ナカのcu-moだったが、
外は何もなかった。


そして欲しいものを手に入れ、
ケーブルカー→登山鉄道→ロマンスカー
・・・と乗りつぎ、長い一日を終えた。

晩ご飯は仙台牛タンだった。






箱根彫刻の森美術館


彫刻の森駅に着いたので
もちろん彫刻の森に行きたい

・・・・・・が、
休日の箱根のランチなんて
想像するだけでウンザリするので
先に少し早めの昼食をとることにした。

20220619_112058_R

やっぱり箱根に来たら蕎麦を食べたいし、
駅前のお蕎麦屋さんで夏野菜カレー南蛮を食。

蕎麦はおいしかったのだが、若い店員さんの
接客が心臓に悪いレベルでひどかった。

忘れて再来店してしまったら
また心臓がバクバクしてしまうので
二度と行かないようにちゃんと覚えておこうと思う。


20220619_114338_R

そしてお目当ての彫刻の森美術館

子どものころに来て以来である。

20220619_115859_R

現代美術の彫刻って大抵そうなのだが、
「なんで作ったの?」みたいなものが多い。
みんな一体何にそんなに抑圧されているのか。

20220619_120802_R

この子ども用のプレイスペースは楽しそうだったけど
楽しそうだからといって、ちびっこに混ざって
大人がウェイするものではない。
なので横目で見て通り過ぎた。


20220619_120906_R

20220619_121155_R

ここのピカソ館は楽しい。


秋にはきっといろんなどんぐりと出会えるだろう。




 

箱根登山鉄道に乗って


箱根登山鉄道に乗りたくなって
おもむろに箱根へ行った。

20220619_095337_R

ロマンスカーが快適すぎて
箱根に着く頃にはちょっと満足してしまった。

20220619_095518_R

箱根のあじさい電車が始まっていたが
山の気温が低いのかまだあまり咲いていない。

20220619_100710_R

電車の頭の表示に紫陽花の絵があって少し和む。

箱根登山鉄道はスイッチバックをするので
断然車両の端がおすすめ。

20220619_103311_R

ちょっとドキドキする。

20220619_104826_R


ちなみにすごく遅く感じるけど、
めちゃくちゃアクセル全開らしい。

20220619_103435_R


急カーブを曲がる時は電車から
水ブシャーッってなって線路を濡らして
曲がりやすくするのだそうだ。

20220619_113903_R


そうして目的地に到着。







 

玉電砧線跡を散策してみる 5


砧線跡を散策してみる第5回 

砧線の最終回

吉沢の交差点を渡って地図の⑩、⑪


1611498166317

交差点を渡ると野川いう川が流れている

20210116_094448


野川にかかる吉沢橋の真ん中に
砧線のレリーフがある。

20201107_101811



20210116_094518

橋を渡って道を直進する。
かつて線路だった場所は現在はバス通り。

20210116_095948

当時の終点にあった製薬会社の土地には
駒澤大学のグラウンドがある。

突き当り右、当時の終点駅地点がバスの終点。

20210116_100016

停留所も当時の駅のホームの屋根などが再利用されている。

20210116_100443

砧線は廃線になった現在も地元住民に愛され続けている。




番外

地図の⑧にある元蕎麦屋の大勝庵。

20210116_102441

オーナーさんが玉電を愛しすぎてできた
玉電の博物館的なところだ。

20210116_102451

二子玉川に遊びに来たら
ぜひ砧線跡を散歩してみてほしい。











玉電砧線跡を散策してみる 4

とても久しぶりの更新です。

砧線跡を散策してみる第4回
 
 
歩道のタイルの模様が切り替わるあたりに
玉電のマンホールがある。
 
とても可愛い。 
20191102_084421
マンホール好きな人は
是非ここまで足を運んで欲しい。


少し歩くと、
「なんでこれ作った?」
と思える微妙に気持ち悪い像がある。
20210116_093311
本当になんでこれ作った?
不穏である。

そのまま進むとファミマの手前あたりに
ベンチやガードレールがある。
20210116_093434


この青いレールの部分は
砧線の線路をそのまま使っている。

住民はこれが一体何なのか大抵知らない。

そこ辺りからまた歩道の模様が変わる。
20210116_093701
せーんろはつづくーよー

細い線路柄の歩道がスーパーまで続く。

そのままさらに進み
遊歩道の終わりが吉沢交差点。
20210116_094217
砧線の吉沢駅の跡地が遊歩道のおわり。
この先は橋を渡るので
また次回!




玉電砧線跡を散策してみる 3

砧線跡を散策してみる第3回は
地図④~⑤の遊歩道を紹介する。


1611498166317

信用金庫と、某ハーマンの間の道を進むと
地図④の遊歩道がある。

遊歩道の入り口の足下に
中耕地駅への目印タイルがある。

20210116_092820


ここは花みずき通りといって、
線路跡がそのまま遊歩道になっている。

20210116_085911


タイルの並びが線路を模しているので、
電車の気持ちになって歩きたい人?は頑張れ。
20210116_093102


せーんろはつづくーよー
な感じの歩道を進むと、微妙に開けたところがある。

20210116_093018

これが、かつて中耕地駅だったところ。
(地図⑤)

20200213_105525

駅跡としては土地の形も面影がある。
20200213_105509

当時の駅の様子がタイルに描かれている。
ちなみにこのタイル、
なぜか向かいの店が真上で
肉の丸焼きをグリルするようになって
現在は煤と油で真っ黒である。

20210116_085434

やめろ。そこは貴店の土地ではないぞ。
そのタイルは区民の財産なんだぞ。
せめて毎回タイルを拭いてください。
拭け。


玉電砧線跡を散歩してみる 2

前回、玉電砧線跡を散歩してみる 1では
スタート地点(地図の①)しか紹介してないので
ここから散策紹介。

1611498166317

ドッグウッドプラザの裏の線路下に
駐輪場がある。
玉電の線路跡に建物ができてしまっているため、
本来の線路跡より道がカクカクしている。
途中、左に駐車場(地図②)があるが、
そこに線路の柵が残っている。

20210116_092001
結構、雑な感じで残っている。

20210116_090918


そのまま歩き、「二子玉川イン」という
かつて連れ込み宿だったビジネスホテルを左折。

20210116_090755
ある意味風情がある。
7000円くらいで泊まれるので
高島屋の物産展の出展者の人には優しい。

*追記 2021,3,31に閉業しました

20210116_092541
すぐに大きい道路にぶつかるので渡る。
この世田谷信用金庫の右側の細い道が
砧線の順路だが、右に少し行くと、
かつて溝ノ口線が通っていた多摩川を渡る
旧二子橋の親柱(地図③)がある。

20210116_090314


そこから元の交差点に戻って、線路跡を進む。


次回 3 遊歩道編



QRコード
QRコード